旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エディンバラのホリルードハウス宮殿

FI2605072_1E.jpg

エディンバラ城から、旧市街を東に向かってロイヤルマイルを歩くと、ホリルードハウス宮殿があります。エリザベス女王がスコットランドに来ると、この宮殿に滞在するそうです。敷地内には、修道院の廃墟が残されています。今日のピンホール写真は、2006年10月にエディンバラで撮影した、ホリルードアビーの廃墟です。この空間にいると、数百年の時を遡ることができるような感覚を覚えます。
スポンサーサイト

グラスマーケットで昼食 - フランス料理のランチ

かつては死刑執行場だったというグラスマーケットです。

写真は、ローアングルで撮った雨のグラスマーケットです。


グラスマーケットにあるフランス料理の店で安いランチを食べました。

店の名前は「プティ・パリ」です。


貝は貝でもムール貝ではありません。

向こう側に見えるのは魚料理です。

さすがはフランス料理です、ホテルのイングリッシュ・ブレックファストとは違っておいしかった。


ついデザートも注文してしまい、結局安くはなりませんでした。

映画「アメリ」の雰囲気を感じさせるデザートです。


甘さ控えめの大人の味のチョコレートケーキでした。


雨のエディンバラ - エディンバラ城

今日は1日雨が降り続けました。

雨が降るたびに寒さが増しているようです。

エディンバラ城、国立スコットランド博物館、ロイヤル・ミュージアムなどをのぞいて来ました。


スコットランド版の忠犬ハチ公、ボビーの像です。


ロイヤル博物館のホールです。スコットランド博物館とは、中でつながっています。

国立の博物館や美術館が入場無料というのは好いですね。


エディンバラのロイヤルマイル(1) - ホリルードハウス宮殿とファッジ

今日は旧市街のロイヤルマイルと呼ばれる道を歩きました。

写真はホリルードハウス宮殿です。

この宮殿は、現在でも王室がエディンバラを訪問する時に滞在しています。


宮殿の敷地内には廃墟となっている、12世紀にデビッド1世によって建てられたホリルード修道院があります。


歩きつかれたところで、「ファッジ・ハウス」というスコットランドの伝統的なお菓子の店に入りました。

土産物屋で売っているのはただ甘いだけでおいしくありませんが、この店は有名な店のようで、とてもおいしくいただきました。

店の人に話を聞くと、日本のテレビ局が取材に来たと言っていました。


ロイヤルマイルには興味を引く店がたくさんあります。

写真は、スコットランドの宗教改革で有名なジョン・ノックスの住んでいた家のすぐ隣にある、民族衣装の店です。


写真は、ロイヤルマイルのわき道というか路地、クロース(close)の1つです。

それぞれのクロースには名前が付いており、ちょっとした広場があったり学校があったり、また進入禁止なんて書いてあるところもあったりで、それぞれに表情があります。




続きを読む »

イギリスのホテル(2) - ロイヤル・ブリティッシュ・エディンバラ

エディンバラでの宿泊は、ウェイバリー駅前のロイヤル・ブリティッシュ・エディンバラです。

このホテルは駅に近いため、鉄道で旅行する人にとっては最高の立地条件だと思います。

シングルのはずがツインの部屋だったので、広さは問題ありません。


バスルームは、無駄に広いという印象です。

水とお湯が別の口から出てくるのは、何とかしてほしいと思います。




シャワーがちょろちょろとしか出ないのと、部屋が寒いのが難点のホテルでした。

朝食は、どこでも同じのイングリッシュ・ブレックファストでした。

5泊したのでさすがにもういいやという感じでした。


続きを読む »

南欧のお散歩
プロフィール

photo58

Author:photo58
旅の記録なんかを綴っていきたいと思います。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

blogpet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。