旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南大門と地下鉄と仁寺洞

seoul0922.jpg

ソウルは1986年以来何回か訪れていますが、そのたびにいろいろと変化しています。最初は残念な変化ですが、今回泊まったホテルの近くにある南大門(崇礼門)は、昨年の2月に放火によって焼け落ちてしまいました。現在再建工事中です。

seoul0921.jpg

ソウルの地下鉄の初乗り運賃は、20年ぐらい前は350ウォンだったような記憶があります。今回は1,000ウォンになっていましたが、現在のレートでは90円ぐらいでしょうか。Tmoneyカードというスイカ/パスモのようなカードを使うと、900ウォンになります。ソウルの地下鉄駅には、写真のようにスクリーンドアが設置されているところがあります。来年までには、市内の駅265ヶ所すべてに設置されるということです。

seoul0920.jpg

ソウルに行くと必ず訪れるのが仁寺洞です。昔から骨董品街として有名ですが、近頃はおしゃれな店も増えており、いつも観光客で賑わっています。歩き疲れて韓国伝統茶の店に入り、柚子茶とお菓子をいただきました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

ラマダホテル&スイート RAMADA HOTEL & SUITES SEOUL CENTRAL

ramada02.jpg

今回ソウルで泊まったホテルは、ラマダホテル&スイートです。2007年5月1日に、ソウル駅や南大門から歩いて数分のところにできたばかりのホテルです。1枚目の712号室の写真を見ると、出来てまだ2年だからきれいだけど、普通の部屋という感じです。

ramada05.jpg

ところが何と部屋にはキッチンと洗濯機があるのです。長期滞在もできるコンドミニアム型の部屋でした。部屋にセイフティーボックスもあるので便利です。

ramada03.jpg

バスルームはこんな感じです。バスタブなしのシャワーのみというのが評価の分かれるところですが、私はシャワーのみで済ませることが多いので気になりません。

ramada07.jpg

ちゃんとシャンプーも用意されています。ホテルの口コミ情報を見ると、このホテルの暖房とシャワーのお湯の切り替え方が分からず、部屋が寒かったとか水のシャワーを浴びたとか書いてあります。確かに最初は戸惑いますが、レセプションで渡される説明に書いてある通りにやれば大丈夫です。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

ソウル 厳冬の朝

FI2605078_1E.jpg

今日の横浜は、冬らしいと言ったらいいのでしょうか、特に午前中は風も強く寒い1日となりました。寒さで思い出したのが今日のピンホール写真、『ソウル 厳冬の朝』です。3年前の1月初めに訪れたソウルの交差点で撮りました。氷点下の寒さで、三脚を素手で持つことはできませんでした。そういえば、2006年は1月のソウルに続いて5月に釜山を訪れたのですが、その後は韓国に行ってません。韓国といえば、汽車と高速バスで移動して、地方の1泊2500円くらいの旅館に泊まりながら、あちこち回ったことがあります。近いうちにピンホールカメラを持って、観光客の来ないような韓国の田舎町を訪ねてみたいと思います。

写真展、美術展見学 
 1月25日 「ピカソとクレーの生きた時代」(Bunkamuraザ・ミュージアム) 
 1月25日 「第9回フォトエクスペリエンス修了展」(IMAGE WORK)

延世大学(2) - ソウル

大学の歴史に関する展示もあります。

これは卒業証書です。


見学者は他に誰もおらず、貸し切り状態でしたが、突然目の前にこんな光景が登場すると少しぎくっとします。


民俗関係の展示室もあります。


剥製の背後の展示は、植物の標本です。


無料の水とお茶のサービスもあります。

夏は冷たい水、冬は熱いお茶がいいですね。

延世大学の博物館はガイドブックには載っていませんが、規模も内容も、訪れる価値はあると思います。


延世大学(1) - ソウル

ソウルにある私立の延世大学のキャンパスです。

とてつもなく広い敷地です。


キャンパスにはこんなところもあります。


門をくぐると資料館があります。

何の変哲もないタイプライターに見えます。タイプを打っている最中に、すでに打った文字を見ることができるアンダーウッド・タイプライターとの説明があります。つまり、このタイプライターが作られる前は、打ち終えて紙を出すまでは、打った文字を確認することが出来なかったということなのでしょう。

このタイプライターの会社の社長の弟が、延世大学の前身の学校を創設したそうです。


キャンパスには博物館もあります。

博物館は、無料で見学することが出来ます。


2階と3階に展示室がいくつかあります。

これは棺桶だそうです。


南欧のお散歩
プロフィール

photo58

Author:photo58
旅の記録なんかを綴っていきたいと思います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

blogpet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。