旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローテンブルクの城門

FI2605079_1E.jpg

私は東京生まれの東京育ちなのですが、幼いころの記憶が正しければ、東京タワーに上ったのは1度だけで、皇居に入ったことはありませんでした。今日は国立近代美術館で写真展を観た後で、北桔橋門から皇居東御苑に入ってみると、梅林坂の梅はほぼ満開でした。今日のピンホール写真は、ドイツのローテンブルクで、2007年4月に撮影した城門の写真です。三脚の脚を開いて、地面ギリギリのところから城門を見上げる角度で撮影しました。

撮影記録 
 2月 7日 皇居周辺

写真展見学、その他 
 1月31日 柴田敏雄写真展「ランドスケープ」(東京都写真美術館) 
 1月31日 「イマジネーション/視覚と知覚を超える旅」(東京都写真美術館) 
 1月31日 Edward Levinson「特別講義」(日本写真芸術専門学校) 
 1月31日 中島健写真展「Time To Time」(アイデムフォトギャラリー「シリウス」) 
 1月31日 畑鉄彦展覧会「確かな存在・私の東京」(Portrait Gallery) 
 1月31日 長野重一写真展「遠い視線・玄冬」(ギャラリー蒼穹舎) 
 1月31日 小泉竜生写真展「域」(PLACE M) 
 1月31日 吉原かおり写真展「吉原十景其の六」(PLACE M) 
 1月31日 岩本龍夫写真展「遠い日」(245photographyRoonee) 
 2月 7日 高梨豊写真展「光のフィールドノート」(東京国立近代美術館) 
 2月 7日 濱浦しゅう写真展「霞-kasumi-」(コニカミノルタプラザ) 
 2月 7日 イレーネ賀集写真展「シンプルライフ・イン・パプアニューギニア」(コニカミノルタプラザ)
 2月 7日 高田玲写真展「BLACK POST」(コニカミノルタプラザ) 
 2月 7日 近藤弘写真展「AQUA ?」(アイデミフォトギャラリー「シリウス」)
スポンサーサイト

ネルトリンゲンの聖ゲオルク教会 - ドイツ

FI2605056_1E.jpg

今日のピンホール写真は、昨年2007年4月末に、ドイツのネルトリンゲンにある聖ゲオルク教会前の広場で撮りました。ネルトリンゲンは、巨大な隕石が落ちてできた直径約25kmのリース盆地にある、城壁に囲まれた小さな町です。この写真は、昨年11月の個展『記憶の空間』で展示しました。

『第44回神奈川県美術展』のご案内
準大賞受賞作品「記憶の町」(3枚組)が、以下の日程で展示されます。会場にてご覧いただけますよう、ご案内申し上げます。
〇1期展 9月10日(水)から21日(日) 午前9時から午後6時(最終日は午後2時まで)
 神奈川県民ホールギャラリー みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口 徒歩3分
〇厚木巡回展 10月8日(水)から19日(日) 午前9時から午後6時(同上)
 14日(火)と15日(水)は休館日
 厚木市文化会館展示室 小田急線「本厚木駅」北口 徒歩13分

美術展見学
 8月31日 「源氏物語の1000年」(横浜美術館)

ヴュルツブルクの花たち - ドイツ

FI2605054_1E.jpg

先週は今年の1月以来、伊豆の戸田に行ってきましたが、とても蒸し暑くて撮影に集中することができませんでした。水着がないので海に入るわけにもいかず、温泉で汗でも流すかと飛び込んだのが「ときわや」というホテルです。戸田港を一望できる最上階にある展望檜風呂で寛ぎました。掃除が終わった直後の貸し切り状態の湯船に浸かって気持ちよかった。今日のピンホール写真は、昨年5月にドイツのヴュルツブルクで撮った花の写真です。ピンホールカメラを使い始める前は、花の写真はほとんど撮ったことがありませんでした。ピンホールカメラは、ストリートスナップから花まで、被写体を選ぶことなく面白い写真が撮れるところが魅力の1つです。

撮影記録
 8月14日 土肥、戸田、沼津

写真展見学
 8月16日 Russell Scott Peagler写真展「Dear Passengers」(銀座Nikon Salon)
 8月16日 山下令写真展「接点」(PLACE M)
 8月16日 斉藤篤写真展「Watching You」(PLACE M)
 8月16日 北井一夫写真展「いつか見た風景」(ギャラリー蒼穹舎)
 8月18日 「贅沢な床5」(アイデムフォトギャラリー シリウス)
 8月18日 小野努写真展「社会の窓」(コニカミノルタプラザ)
 8月18日 近藤伍壱写真展「Ultima Thule」(コニカミノルタプラザ)
 8月18日 安井清子写真展「子どもの時間」(コニカミノルタプラザ)

ワイマールのトラム - ドイツ

FI2605036_1E.jpg

先週まで毎週のように横浜山手地区に通っての撮影も、ひとまず打ち止めです。近いうちに、久し振りに江ノ島とか青梅などにも撮影に行きたいと思います。
今日の写真「ワイマールのトラム」は、昨年の5月2日に撮影しました。停留所で停まる直前か、客を乗せて走り始めたところかは忘れましたが、トラムの動きを撮ろうとシャッターを切りました。シャッターといっても、穴ガメはカメラにシャッターボタンが付いている訳ではありません。この写真の場合、シャッタースピードは1/8秒なので、0.2ミリの穴の前で黒い紙の板をササッと動かすだけです。ヨーロッパの町を歩いて感じるのは、光が違うなあということです。夏の正午前後でも太陽が真上にくることがないため、撮影に適した斜光線が長時間得られるので助かります。この写真は、昨年11月の個展『記憶の空間』で展示しました。

写真展、美術展見学
 4月19日 木村直人写真展「wind and window」(三井ギャラリー東京
 4月19日 岩瀬秀一写真展「遍照」(アイデムフォトギャラリー「シリウス」
 4月19日 杉浦正和写真展「麗春」(ギャラリー蒼穹舎) 
 4月19日 釜谷美由紀写真展「北緯47度ユジノサハリンスク」(PLACE M
 4月19日 田代今朝一写真展「浅草ベイビイ」(PLACE M)
 4月20日 浜口タカシ写真展「北海に生きる」(横浜みなと町ギャラリー
 4月20日 第45回記念「朝日陶芸展」(そごう美術館

Pinhole Photography - (個展『記憶の空間』で展示した作品27点を紹介)

ベルリンの壁(4) - ドイツ

ベルリンの壁シリーズ最終回の写真は、ピンホールカメラではなく、ライカMPで撮った写真です。ベルリンの壁の歴史がわかるように、壁に説明文や写真が展示されています。2006年7月のベルリンは、気温が40度近くまで上がる猛暑でしたので、水分補給は欠かせませんでした。中央の女性がくわえているペットボトルには、水は入っているのでしょうか?

Pinhole Photography - (個展『記憶の空間』で展示した作品27点を紹介)



南欧のお散歩
プロフィール

photo58

Author:photo58
旅の記録なんかを綴っていきたいと思います。

カレンダー

03 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

blogpet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。